MTコマースに乗り換えれば、貴社のECサイトは更に成長します。

MTコマースに変える理由

ASPから乗り換える

ASPの課題
安価で機能も充実しているが、機能的なカスタマイズは全くできない。競合と差別化できず、成功確率を上げにくい。
ASP利用者の多くは個人事業レベルで、本格的な事業にはあまり向いていない。
MTコマースなら
ウェブデザイナーだけで、競合差別化のための独自企画が実現できます。
高度なカスタマイズを行いたい場合も、システムを乗り換えることなく対応できます。

乗り換えが向いていないケースがあります
MTコマースは最高のコストパフォーマンスをもつECシステムですが、もっとも安価なECシステムではありません。
低コストを最優先する場合はMTコマースは向いていません。例えばMTコマースでecサイトを運営するには、
サーバをレンタルする必要がありますが、そのレンタル費がASPの利用料金を超えることもございます。

オープンソースから乗り換える

オープンソースの課題
ライセンス費用は無料だが、予想以上に開発費(エンジニア料金)がかかる場合がある。
Eコマースに最低限必要な機能が用意されているのみで、売るために必要な機能が初期状態で盛り込まれていないことが多い。
MTコマースなら
ウェブデザイナーだけでカスタマイズできるため最終的なコストは安価です。エンジニアを必要としないため、期間も短くて済みます
数々の大手ECサイトを手がけるプロデュース会社、ネットコンシェルジェが「売れる機能」をセレクト・導入しているので、売れるサイトがはじめから作れます。

大手モールから乗り換える

大手モールの課題
売上に応じてロイヤリティを支払わなければならないため、売上規模の割に利益がでない。
顧客情報は大手モール側の所有物となるためリピート戦略に大きなハンデがある。
MTコマースなら
売上に対するロイヤリティはかかりません。
顧客情報は全て運営者の所有物となりますので、顧客リストを活用してリピート促進のマーケティングを積極的に行なっていただけます。

併用もオススメです
大手モールには強力な武器があります。それは圧倒的な集客力です。
この集客力を活用した「モール支店」と、常連客向けの「本店」を2つを同時に運用することで、
効率的に売上をあげられることがあります。本店の立ち上げにはMTコマースがとてもオススメですよ。

エンタープライズパッケージから乗り換える

エンタープライズパッケージの課題
立ち上げ時も、次年度の運用にかかる費用も非常に高額。
立ち上げには専門のシステム開発会社とコミュニケーションが必要で、やりたいことを伝えるためにはシステムの知識も必要。
MTコマースなら
エンタープライズパッケージの数十分の1でecサイトを立ち上げることができます。
システムの高度な知識がなくても優秀なECサイトが出来上がります。
多くの制作会社が開発・カスタマイズ可能なので、コンセプトや方針に合わせて制作会社を選べます。

エンタープライズパッケージが向いているケース
MTコマースは現在のところeコマースに特化しています。
通販事業をメインビジネスとしている企業、特にテレビショッピングやカタログ通販など、
ネット以外での通販チャネルも運営しているような場合は、エンタープライズパッケージを採用するのが適切です。


乗り換えるべきかお悩みの方へ
乗り換えるべきかお悩みの方へ。
無料のプチコンサルティング(現在準備中)をご利用ください。
いくつかの項目に現状をご記入いただくだけで、当社のECプロフェッショナルが客観的な視点からアドバイスをさせていただきます。
お急ぎの場合はお問い合わせより詳しい内容をご記入いただきご相談ください。
乗り換えが向かない場合は正直にその旨ご連絡させていただきます。